ヘアメイクの技術を得られる|プロへの扉が開かれる

美を引き出すクリエイター

プロを目指すには

アイロンをかける人

美にまつわる仕事は様々あります。
サロンや美容室でヘアアレンジをしたり、またはテレビや雑誌、映画、CM、ファッションショーで活躍するヘアメイクアーティストもその中のひとつです。
ヘアメイクアーティスト業界は、主にヘアメイク業界とビューティビジネス業界の2つがあります。
そんな美容業界でプロを目指すには、美容の専門学校で学ぶ必要があります。
専門学校ではヘアやメイクについて基礎から技術を身につけることができます。
ヘアアレンジとメイクアップの両方の技術が求められるので、専門学校のカリキュラムではどちらも盛り込まれています。
また、就職に有利になるように、美容師免許の取得を目指す方もいます。
ヘアメイクアーティストの職業は様々あり、他にもビューティアドバイザー、アイリスト、美容師などがあります。
大事なのは、技術を身につけるだけではなく、どんな魅力を引き出せるか素早く見抜くとこができる方が向いています。
技術を身につけ専門学校を卒業した後は、ヘアメイクアーティストのサロンや美容室、化粧品メーカーやブライダルサロンなどに就職します。
また、経験を積んで実力と人脈をしっかりと得たら、フリーとして独立開業するという道もあります。
専門学校では、美容業界をパイプを持っている学校がほとんどで、技術だけではなくしっかりと就職サポートをしてもらうことができます。
なのできちんと自分の夢を実現することができます。
それだけではなく、専門学校の講師になる道もあります。

専門学校で知識と技術を

ヘアセット

顔の魅力は、メイクだけでなくヘアセットによっても左右されます。
どれほど美しいメイクをしていても、髪型がそれに合わない場合、魅力は半減します。
たとえばメイクが和風なら、ヘアセットも和風にしなければ、バランスの悪い見た目になってしまうのです。
もちろんメイクとヘアセットのバランスだけでなく、個々の肌質や骨格とのバランスも考慮することが大事です。
それらに合うメイクを施し、さらにそのメイクを意識したヘアセットを施すことで、顔は一層魅力的に見えるようになるのです。
このような施術はヘアメイクと呼ばれていて、自分を美しく飾ることを希望する人々から高い需要があります。
女優やモデル、花嫁を中心とした多くの人が、専門家にヘアメイクを依頼しているのです。
そして需要が高い分、ヘアメイクの専門家を目指し、美容系の専門学校に通う人も多くいます。
専門学校では、メイクとヘアセットのそれぞれにおける知識や技術を身につけることができるのです。
さらにカラーコーディネートやデザインについても学習できるので、専門学校を卒業すればそれだけで、ヘアメイクの専門家としての活躍が可能となるのです。
また専門学校の中には、美容師の国家試験を受験できるようになるところもあります。
国家試験に合格すれば、ヘアカットやパーマといった、より高度な施術をすることが許可されます。
これによりヘアサロンはもちろん、芸能界やブライダル業界などで、一層幅広く活躍できるようになるのです。

就職や資格について

女性

ヘアメイクの仕事を目指したい人は、ヘアメイクを養成する専門学校で技術などを学ぶことができます。
ヘアメイクは幅広い仕事が期待でき、望めば多様な知識や技術を身につけることができるのです。
こういったアート系な仕事はセンスも問われますが、基本がしっかりしていなければ確かな仕事はできません。
それを教えるのが専門学校となるので、ここで土台をしっかりと作っておく必要があります。
ヘアメイクの学科では、メイクやヘアスタイル、そしてネイルやファッションコーディネートに関する知識や技術が学べます。
学べる種類は専門学校にもよりますが、ヘアメイクの仕事を目指すなら、できるだけたくさん学べる学科がおすすめです。
たくさんの分野で活躍できる人材であれば、就職のときに役立ちます。
将来を通してもそれを武器に開業することもできるので、ヘアメイクの仕事が奥が深いのです。
ヘアメイクの就職に役立つものには、資格があります。
これがなければ就職できないわけではありませんが、努力や信頼を得られるポイントになります。
また、就職したときや開業したときに、顧客にヘアメイクアーティストとして証明できるものになるので、安心感を与えることもできます。
この資格に対しても専門学校が合格に向けた指導を行っていくため、努力次第でたくさんの資格取得が期待できます。
ヘアメイクの仕事は、美容院やブライダル、ネイルサロンなどで活躍していけます。
専門学校は就職にも強い特徴があるので、学習した分だけ就職への道も近くなります。