ヘアメイクの技術を得られる|プロへの扉が開かれる

コースの内容と値段

30〜100万円が多い

チップ

ネイルサロンの店舗数日本1位の東京には、ネイルスクールも数多く建てられています。
ネイルスクールはネイリストになるために通う人が多いですが、趣味としても通いやすいのが特徴です。
東京に存在するネイルスクールは、目的に合わせて受講するコースも変わってきます。
プロのネイリストになりたい人や、将来ネイルサロンを開く予定の人は、プロ養成のコースを選びます。
100万円以上かかる所が多いですが、その分密度の濃いネイルレッスンを受けられます。
ネイル検定を目標にする人は、検定取得の保証制度がついたコースにすると良いでしょう。
ネイル検定の初級は趣味の技術向上を狙う人向けで、中級以上はネイリストの武器になり得ます。
したがって、このコースはネイリスト志望や趣味目的の人など様々な人が通っており、スクール生が数多く在籍しています。
値段は初級で30万円以下、中級以上で50〜100万円以下なので先程のコースよりはリーズナブルです。
ネイルスクールによっては直営のネイルサロンを併設しており、就職に特化したコースが用意されています。
東京ではこのようなネイルスクールは多く、50万円前後のコースで就職保証がついています。
直営のネイルサロン就職を斡旋してもらえたり、おすすめのネイルサロンを紹介してもらえたりするのです。
東京のこのネイルサロンに就職したいという人や、就職活動で失敗したくない人はこのコースを選択すると良いでしょう。
これらのコースはそれぞれ独立しているわけではなく、組み合わさっていたり、コース内でレベルが分かれていたりします。
スクールによって内容も多様なので、一つのコースに絞らず、複数見ておくことが大切です。

見学や体験をするのも大事

手とネイル道具のイラスト

ネイリストになるためにはネイルスクールに通うのが近道だが、東京には数多あるので迷ってしまう。
その場合は資料を一括請求できるサイトがあるので、それを利用すると良いであろう。
資料請求では東京の主なネイルスクールが選ばれるから、絞り込みがしやすい。
一括請求をしたら、その中からさらに興味のあるスクールを選びそれぞれ資料請求をする。
一校ずつ請求すればさらに詳細な情報を得られるのである。
このように、資料請求を駆使すると良いネイルスクールが見つかるであろう。
東京は地域ごとに、ネイルスクールにも特色がある。
渋谷はネイルスクール数が1位なので、最先端の流行を取り入れている所が多い。
新宿は大手スクールが多く、様々な年代が通いやすい仕様である。
仕事勤めの人には銀座がお勧めであろう。
駅から近い所に数多く開かれているので、雨の日にも気軽に通うことができる。
勿論全てがそうではないが、東京は特に立地にも注目するべきなのである。
何軒か迷っている人は適当に決めるのではなく、スクール見学をお勧めする。
スクール見学では指導者との距離感や雰囲気を生で感じることができる。
また、疑問を直接ぶつけることができるので、最終判断の材料になるであろう。
見学だけではなく、体験レッスンを実施している所もある。
通うところが決まっていたとしても体験しておくと、後悔する可能性も減るので是非受けると良い。
もし一人で決めかねるならば、友人や両親と一緒に体験することも可能である。
その場合は事前断りを入れてから行くと良いであろう。

専門学校への入学方法

チップ

ネイリストを志す人にとって自分で一から全てを勉強することは大変な努力が必要なことです。
特に東京でネイリストを目指すとよりライバルが多く、ネイリストになること自体が難しいといえます。
しかし、ネイルスクールに通うと多くのメリットが受けられます。
講師がプロのネイリストであるためより、高度な技術を詳しく繰り返し教えてもらうことが可能です。
また、東京のネイリストの元での実技体験実習も多くあり現場で使える応用的な技術もたくさん覚えられるため、就職でも有利になります。
実際に東京でネイルスクールに通うためには数多くある学校の中から、自分が行きたいと思う学校を選ばなければなりません。
まずは複数のネイルスクールから資料を取り寄せ、詳しい学科や授業内容を比較することが重要です。
それぞれの学校にそれぞれの特色があり、自分に合うかどうかを確かめるために学校見学に行くのもおすすめです。
そして、東京で行きたいネイルスクールが決まったら、受験日程や受験方法を調べます。
受験内容は面接だけのところ・筆記試験のあるところ・推薦制度があるところなど学校によってさまざまです。
対策をしっかりと練るために詳しく調べておきましょう。
受験について調べたら出願日を確認して出願します。
ネット出願に対応している学校や紙の郵送のみ受け付ける学校などがあるため、よく見定めて期日に余裕を持って出願しましょう。
出願を終えたら試験の対策をし、試験を受けて発表を待つという流れです。
また、合格発表後から入学までにも、たくさんの準備や書類提出があるため念入りにチェックしましょう。